災害警報

就業時に災害が発生した場合

ワークスタッフでは、災害警報が発せられるような大規模な災害等が発生した場合、被災地区でご就業されている皆さまの安全確認を行います。いざというときは、あわてずにご自身の安全確保を最優先に考え、次のように行動して下さい。

  1. 災害が発生した際は、ご自身の安全を第一に考えて 行動してください。
  2. 就業中で、就業先から避難指示がある場合は、 その指示に従ってください。
  3. 出勤・退社途中の場合は、 現場などの避難指示に従ってください。
  4. 運転中に揺れを感じたら、スピードを徐々に緩め、道路の左側に寄せて停車し、ラジオの情報や現場の警察官の指示に従い、車から離れるときは、キーをつけたままドアロックをしないよう指導されております。(東京都の地震対策)各地方自治体の地震対策については、各自必ずご確認ください。
  5. 連絡できる状況になった場合は、下記の連絡方法にてワークスタッフへ状況などの連絡、もしくはお問い合わせください。また、可能であれば派遣先へもご連絡ください。

災害用伝言ダイヤルを利用する

災害用伝言ダイヤル(171)は、地震、噴火などの災害の発生により、被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。被災地内の電話番号をキーとして、安否等の情報を音声情報として蓄積し、録音・再生できるボイスメールです。

災害用伝言ダイヤルについては下記のサイトをご覧ください。

災害用伝言ダイヤル(NTT東日本)

http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/

災害用伝言ダイヤル(NTT西日本)

http://www.ntt-west.co.jp/dengon/index.html

伝言していただきたいこと(例)

伝言を録音する際には下記の一例を参考に、ご自身の所属・氏名・被災状況と連絡先を録音してください。

×××(就業先名)で就業している□□□□□(ご自身のお名前)です。
無事(安否)です。明日から出勤できます(被災状況)。
私への連絡は、〇〇〇-〇〇〇-〇〇〇(ご自身の連絡先)へお願いします。