労働災害

労働災害が発生した際に

労働災害が発生した際に、まずは直ぐに担当者に報告するよう心がけて下さい。労働災害の範囲がどこまでのものを指すのか分からない・・・と、いった場合にも、担当者へ報告をする際に、相談をしてみるのもよいでしょう。なお、労働災害とは大きく分けて二つのことに分類されます。

業務災害について

業務災害とは、労働者が業務を原因として被った負傷、疾病または死亡をいい ます。業務と傷病などとの間に一定の因果関係があることを「業務上」と呼んでいます。

事例:出張中の事故、休憩時間中の職場における事故、就業時間中 トイレに行く途中でケガをした場合 等々

通勤災害について

通勤災害とは、通勤によって労働者が被った傷病などをいいます。この場合の「通勤」とは、就業に関することを意図とします。

事例:通勤途中での交通事故、退社して自宅に戻る際に起きた交通事故、昼休みの休憩時間が終わり職場に戻る途中に起きた事故 等々

労災保険の給付について

労働災害が発生した際に、労災保険の給付を受けることができます。
労災の原因によって給付の内容が異なりますので、正しい報告を心掛けましょう。

療養(補償)給付

療養給付は二種類のものがあります。
どちらも、傷病が治癒(症状固定)するまで給付を受けることができます。

療養補償給付

業務災害が発生した場合に給付を受けることができます。
通院費…これに付随するものになります。

療養給付

通勤災害が発生した場合に給付を受けることができます。

休業(補償)給付

療養のために仕事を休み、賃金を受けていない場合、休業(補償)給付を受けることができます。業務上の事由、または通勤による負傷や疾病による療養のためのもの。

労働災害発生時の初期処置方法

“人命第一”を基本として、冷静に行動すること!

ワークスタッフは、任意労災・損害賠償保険にも加入しています。
万が一の場合にもご安心ください!!

働く上で、さまざまなリスクと直面し、時に事故が発生します。
そんな”もしも”に備えて、ワークスタッフはあらゆる対策を行っています。